小樽観光おすすめ!小樽駅前から小樽運河にかけてのメイン通り

北海道の人気観光地・小樽市

最近はTVでも良く取り上げられ外国人が選ぶ冬の日本の名所・絶景・世界遺産ベスト30でも堂々の7位になる人気の観光地です。
約30年前、私が住んでいたころから観光地になっていましたが、今ほど人気もなく訪れる観光客もそれ程多くはなかったとおもいます。

しかし、今は、

至る所がいかにも観光地っていう感じをしており、観光客の多さ特に外国人の多さに驚きました。小樽を訪れる観光客がここ5年間で5倍になっている様なので、観光地としての小樽の人気の高さが伺えます。
とくに中国からの外国人観光客に非常に人気があるようです。

新千歳空港から小樽までの道のり

海外や他県から小樽に行く場合には、新千歳空港へ向かいます。
新千歳空港からは、小樽行きの快速エアポートに乗ると途中停車駅が無く、小樽直通なので早いです。

新千歳空港 - 小樽
所要時間:1時間15分
交通運賃:2,300円

快速エアポートで千歳空港から小樽に向かう途中の電車からは、北海道らしい景色が楽しめます。中でも最も景色が良いのは銭函→朝里までのやく14分間の区間です。

ここは、線路が海岸線に沿っており、さらには海岸に物凄く近い場所を電車が走っています。

(電車からの眺め)

とにかく海岸と線路が近い!この景色を見ていると15分くらいなどあっという間に過ぎます。
春から秋にかけて晴れていればご覧の通り良い景色です。ですが、冬はすごい事になります。海岸線に近いため波しぶきが電車にかかっている状態で走行していますので、高波により線路が抉られ復旧までの数日間、電車が走行不能になってしまう事が過去になりました。

小樽駅から運河にかけて

新千歳空港から75分ほどでJR小樽駅に到着です。
小樽駅の内部も観光に力を入れているためとても奇麗になり駅構内にショップも作られており、観光地と一目でわかる人々で混雑しています。
小樽駅を出ると、海までまっすぐに道が伸びており見晴らしはとても良く「小樽に来たっ!」という感じがします。

駅前には、TV番組で何度もロケが行われた「小樽三角市場」や昔からある「長崎屋小樽」旅行パンフレットにも掲載のホテル「天然温泉灯の湯ドーミーインPREMIUM小樽」が有り目に移ります。

小樽駅から運河への眺め

1994年から2004年まで行われた土地区画整備事業により駅前の中央通の拡張工事や電線類の地中化や広告塔の撤去を進め、海までで景色を塞いでいた歩道橋を撤去た甲斐あって、小樽駅から海や港を見通すことができる景観を作り出しています。

その結果、小樽市の観光入込客数は11年の604万人が13年には711万人に、15年には795万人へと右肩上がりで増え、道外客も11年の167万人から15年には259万人へと増加しています。
人口の減少が問題視されている小樽ですが、観光で踏ん張っている所が伺えます。

旧国鉄手宮線の跡地
JR小樽駅から海に向かって緩やかな坂を下りて行くと直ぐに「都通り商店街」があり、さらに下ると旧国鉄手宮線の跡地の公園が現れます。
旧国鉄手宮線を活用し、中心市街地の回遊性の向上や、市民と観光客が交流し憩い楽しめる場とするために作られた公園です。

そこから少し下って行くと、そこは小樽運河エリアです。

小樽定番の観光地・小樽運河と運河クルーズ

運河沿いはホテルや観光客相手の飲食店が多いエリアで、多くの観光客で賑わっています。

小樽定番の観光地・小樽運河

小樽運河と言えば、昔(35年位前)は運河と言うよりも下水が垂れ流しの状態で、とても臭く、汚い運河でした。それが今では、ご覧の通りとても奇麗な運河になり観光客も大勢やってくる場所になるとは、思いもしませんでした。

小樽定番の観光地・小樽運河1

小樽運河でのクルーズも大人気で、行列を作っていました。
小樽定番の観光地・小樽運河1
運河沿いは夕方から夜にかけては、ライトアップされてさらに雰囲気がよくなります。夜も夜景を楽しむ観光客が大勢います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です